​TOP > スタジオの紹介 > 1階フロアのご紹介

​洋館1階フロアのご案内

First floor information

洋館撮影スタジオ田園調布アンティーク館の、1階フロアのご案内。

1階 ロココ・​ヴィクトリアンリビング

Living room

​19世紀に​匠が精魂込めて作りあげた

稀少プレミアムアンティークの数々は、

気品高く包み込み全てをフォトジェニックに。​

イタリアの金箔貼り手作りロココ様式ソファーが設置。

このクラス設置の撮影空間は当館以外に存在しません。

金箔張りアンティークは絢爛豪華な空間を演出します。

1階​  公爵邸19世紀のダイニング

dining room

時を超えて……

19世紀、侯爵宅のダイニングが

​当時のまま 館内に存在しています

実際に公爵邸内に存在したプレミアムアンティークのテーブルやキャビネット、

チェアが当時のまま設置されています。

 

部屋の中央のテーブルは、

約240年前の元公爵邸にあったヴァイオリンをモチーフに作られたヴァイオリンテーブルです。

その奥に、1878年に作られた、フランスのアンリ2世様式の

280cmもの高さがある巨大なキャビネットが設置されています。(元公爵邸所蔵品)

他にも、アンティークジャコビアンチェア、当時の英国ヴィクトリアンチェア、

アンティーク銀食器類、等…全て当時のプレミアムアンティークです。

ゴシック​・クラシックルーム

Gothic Classic Room

多くの中世当時の本物を設置したロケーション。

国内唯一、数世紀に渡り設置されていた約500年前の大司教のゴシックチェアは、

洋館スタジオの中で最も歴史のあるものです。

中世にタイムスリップをしたかのような体験とともに、撮影をお楽しみいただけます。

採光の良い大きな窓の向こうには、季節の彩り豊かな、イングリッシュ・ガーデンが広がっています。

中世の部屋

Medieval room

古いペンタゴンタイルと漆喰の壁による、

中世の時代の本物の室内空間をご提供します。

中世の部屋です。

床石には、実際に18世紀の家を解体して出た、

大変古い建材のペンタゴンタイルが敷き詰められています。壁の素材は漆喰です。

17世紀後半スペインの、グリフィンの脚をしたバロック様式のスパニッシュチェアを設置。

(グリフィンは鷲の翼の上半身、ライオンの下半身をもつ伝説上の生き物で権威の象徴に用いられていました。)

そして扉は18世紀のもの。高さ約275cm。長い時代を生きて来たその雰囲気、質感は素晴らしいです。

光の少ない曇天の地明かりだけの中でも、大変趣のある作品撮りが可能です。

​このフロアで撮影できるアンティーク

​antiques

​他のフロアを見る

​See other floors